初めての銀行からの借り入れ体験談

銀行からの借り入れを初めてしました。借りる前はローンとかキャッシングとかは自身への負担が増え、とてもリスクの高いものだと思っていたので正直抵抗がありました。

そんな私が借り入れを決意した理由は、自己啓発の為です。現在行っている仕事の技術向上の為、スクールに通いたいと思ったことがきっかけです。ただ、スクールはカードでお支払いや分割払いが出来ないものばかりですぐにお金を工面しなければなりませんでした。

実際借りるとなるとどこから借りればいいのか、自身の借りたい額、金利、審査が通りやすいとのろはどこなのか、や安全に借りれるところはどこなのか、等を何回もしらべました。

調べた結果が銀行からの借り入れで、女性向けのキャッシングプランでした。内容には自己啓発の為のキャッシングともありましたので、自分の目的とあっていて良いかなと思ったのも決め手です。

実際決めてから申し込み、手続き、借り入れはとてもスムーズで何も不安もなく説明等もわかりやすかったです。

現在も月々返済をおこなっていますが、無理の無い金額で返済できています。

実際お金を借りてみて、借りる前と借りた後ではキャッシングへの変な先入観はなくなったように思います。

ただ、これを繰り返し行ってはいけないと思いますので、現在の返済をしっかり終えるまでは緊張感を持っておこうと思います。

参考:キャッシング船長【即日融資可能なキャッシングを一覧で徹底解説】

使い方を間違えなければ便利なキャッシング

私は、ずっと現金派でカードは使わないタイプだったのですが、社会人になった時に、もしもの時の為にとカードを1枚だけ作って持っていました。

でも、ほとんど使わず持ち歩かずに家に置いていました。そんな時、姉が10万円くらいする服を買いたいけれど、お金がないからカードを貸してと言ってきました。姉は、自身のカードをつくる事が出来ないからです。

Credit cards with glasses, close up
Credit cards with glasses, close up

仕方なく、貸しました。そして、その金額をキャッシングしていました。そこで、初めてキャッシングというものを知りました。姉が使ったとはいえ、私名義のカードなので、返済していなければ私に電話がかかってくるのです。

高い利息だとは思いましたが、案外便利だなとも思いました。それと同時に、使い方を間違えたら恐ろしい事になると思いました。でも、姉が使ったのをきっかけに、とても便利だとも思いました。

いくら、銀行に預金が沢山あっても、手元に全く現金がない時も、結構あったからです。利息がついても、便利さを優先したい時もあります。

主婦になった今は、利息が勿体無いからキャッシングはしませんが、独身だった時のように、使える現金は沢山あるけれど、時間がないというような人の場合は、とても役に立つと思います。

彼女との旅行資金をきっかけにカードローンを利用しました

先日彼女と旅行に行くことになったのですが、手元にお金がないために、銀行系カードローンを利用して10万円を借り入れることにしました。

ATMを使うサラリーマン

カードローンなどでお金を借り入れするのは初めてでしたので、やはり後ろめたい気持ちはありました。

審査は無事通りましたが、正社員ではなくパート勤務で年収も少ないことから、借入限度額が通常50万円のところ、30万円となってしまいました。

それでも私にとっては十分でしたので、ほっと一安心しました。

カードローンはあたかも自分の預金口座からATMでお金を引き出す感覚で利用できますし、返済期限も特に設けられてなくいつでも余裕のある時に返済すればいいですから、その後はお金に困った際に抵抗感なく何度も利用するようになり、借入額は15万円まで膨れ上がりました。

カードローンは急な出費などの場合にお金をすぐに用立てすることができますから大変便利で良かったと思います。

しかし利息が思っていたよりも高いために買い入れ残高がどんどん膨れ上がるため、ついつい借りすぎてしまうとなかなか完済できないという点では後悔しています。

カードローンの利用はくれぐれも計画的に利用しなければならないと、つくづく感じています。

あの私がまさか借金をするとは…

始めに借金をした理由として自分が大食いであり、給料が低いのにお金があれば食べることに費やしすぎたからです。

それはある日の出来事でした。

仕事が終わり、財布の中身もお金が無かったのでATMからお金を引き出したいと思い、コンビニへ行きました。

そして、いざお金を引き出そうとすると出てきたのは「残高が不足しています」という明細書とキャッシュカードのみ。もちろん、お金は受け止れませんでした。

そこで、初めて「貯金が無くなったんだな。」と感じました。ご飯を食べるのも遊ぶこともできなくなると思い、頭に浮かんできたのは「借金」という2文字です。

しかし、「借金」という言葉にどうしても引っかかってしまい中々手を着けることができませんでした。ただ、ここで借金をしなければ生活に支障が出ると思い遂に行動に移しました。

行く先は、金融機関の無人機。運動免許証や給料明細書等を提出し問題無く登録することができました。引き落とせる限度額も50万円で、まるで貯金が増えたような感覚でした。「20万円ならすぐに返せるだろう」という軽々しい、気持ちでついにお金を引き出しました。

この軽々しい気持ちが地獄の始まりです。お金を借りることに抵抗がなくなり、遂には50万まで借金をします。

ここで、ようやく事の重大さに気づき初めて節約しようと思いました。50万円という壁はとても高く、返却するのに1年かかりました。全額返却した時の気持ちはあの頃しっかりお金を菅理さえしとけば、借金もせずに済んだと後悔しました。

これからはお金の菅理をしっかりして借金をしないように前を向いて生きていきたいと思います。