彼女との旅行資金をきっかけにカードローンを利用しました

先日彼女と旅行に行くことになったのですが、手元にお金がないために、銀行系カードローンを利用して10万円を借り入れることにしました。

ATMを使うサラリーマン

カードローンなどでお金を借り入れするのは初めてでしたので、やはり後ろめたい気持ちはありました。

審査は無事通りましたが、正社員ではなくパート勤務で年収も少ないことから、借入限度額が通常50万円のところ、30万円となってしまいました。

それでも私にとっては十分でしたので、ほっと一安心しました。

カードローンはあたかも自分の預金口座からATMでお金を引き出す感覚で利用できますし、返済期限も特に設けられてなくいつでも余裕のある時に返済すればいいですから、その後はお金に困った際に抵抗感なく何度も利用するようになり、借入額は15万円まで膨れ上がりました。

カードローンは急な出費などの場合にお金をすぐに用立てすることができますから大変便利で良かったと思います。

しかし利息が思っていたよりも高いために買い入れ残高がどんどん膨れ上がるため、ついつい借りすぎてしまうとなかなか完済できないという点では後悔しています。

カードローンの利用はくれぐれも計画的に利用しなければならないと、つくづく感じています。