使い方を間違えなければ便利なキャッシング

私は、ずっと現金派でカードは使わないタイプだったのですが、社会人になった時に、もしもの時の為にとカードを1枚だけ作って持っていました。

でも、ほとんど使わず持ち歩かずに家に置いていました。そんな時、姉が10万円くらいする服を買いたいけれど、お金がないからカードを貸してと言ってきました。姉は、自身のカードをつくる事が出来ないからです。

Credit cards with glasses, close up
Credit cards with glasses, close up

仕方なく、貸しました。そして、その金額をキャッシングしていました。そこで、初めてキャッシングというものを知りました。姉が使ったとはいえ、私名義のカードなので、返済していなければ私に電話がかかってくるのです。

高い利息だとは思いましたが、案外便利だなとも思いました。それと同時に、使い方を間違えたら恐ろしい事になると思いました。でも、姉が使ったのをきっかけに、とても便利だとも思いました。

いくら、銀行に預金が沢山あっても、手元に全く現金がない時も、結構あったからです。利息がついても、便利さを優先したい時もあります。

主婦になった今は、利息が勿体無いからキャッシングはしませんが、独身だった時のように、使える現金は沢山あるけれど、時間がないというような人の場合は、とても役に立つと思います。